事務所紹介 Outline

沿革

親和法律事務所(旧あかし法律事務所)は、平成10年4月、旧昭和法律事務所(現在の共栄法律事務所、はばたき綜合法律事務所 50音順)に勤務していた明石法彦(司法修習45期)が独立して、開設しました。
その後、クライアントのニーズに応えるため弁護士の増員を図り、平成25年5月1日に「あかし法律事務所」から「親和法律事務所」と事務所名を変更し、共同事務所としての歩みを進めています。
また、平成27年3月、弁護士法人親和法律事務所設立に伴い、東京事務所を開設、更に平成29年4月、松山支所を開設し、より広くリーガルサービスをご提供できる体制を築いています。

事務所理念

私達の事務所は「力を高めること」を理念としています。

依頼者の力を高める

法的サービスの提供を通じて、依頼者の力を高めます。
依頼者の正当な利益を守り、元気にするのが我々の使命です。
また、顧問として関与することを通じて、企業の力を高めます。

自らの力を高める

常に研鑽を積み、自らの力を高めていきます。
そのことによって、より良い法的サービスを提供して参ります。

事務所としての力を高める

力を合わせることで、一人では発揮することができない力を発揮します。
仲間と本気で向き合い、積極的で前向きな唯一無二の事務所を目指します。

個の力、集団の力を高めることが、結果として社会の力を高め、より良い社会の実現に繋がると信じています。

当事務所の特徴

迅速かつ丁寧な対応

当事務所では、大阪・東京・松山の3拠点に総勢12名の弁護士が在籍し、全国各地からのご依頼に迅速に対応しています。
各弁護士は、主な依頼者である中小事業者に生じうる多様な法的問題に対応できるよう、日々研鑽を積むとともに、依頼者に対しては、「親身な対応」「相談しやすい関係作り」「わかりやすい説明」を心がけています。

専門家ネットワーク

当事務所は、これまでの案件処理を通して、税務、会計、知的財産、不動産などの専門家と協力関係を築いてきました。必要に応じて、これらの他の専門家と連携し、案件の解決にあたります。また、近年ご相談の多いアジア諸国に関する案件についても、対応可能な体制を整えています。

リーズナブルな費用

当事務所では、主に依頼者や信頼のおける他の専門家などからのご紹介を通じてご相談をお受けしています。また大規模な事務所とは異なり、賃料の高額なオフィスを構えているわけではなく、多数の事務スタッフもおりません。これにより、リーズナブルな費用でご依頼をお受けすることを可能にしています。

※当ウェブサイトにおける「親和法律事務所」及び「当事務所」は、特段の指定のない限り、弁護士法人親和法律事務所との共同事業である親和法律事務所を指します。

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.