メルマガ Mail magazine

従業員が交通事故を起こしたら

従業員が交通事故を起こしたら・・・

「自己責任」「会社は関係ない」では済まないこともあります!
A社は、従業員のマイカー通勤を認めて、通勤手当としてガソリン代を支給していました。ところが、従業員Bさんが通勤中前方不注意で歩行者を跳ね、相手が大けがをしました。

このような場合、Bさんだけでなく、A社も事故の責任を問われるケースがあります。
交通事故の場合賠償額が1億円を超えることもあり、A社が賠償できずに倒産にもなりかねません。

従業員の保険加入の確認、マイカー通勤に関する規定の整備等、社内体制を見直しましょう。

関連記事

2019.05.13

労働審判申立書が届いたら?

最近、労働審判が申立てられることが増えてきました。 労働審判は、申立書が届いてから1か月が勝負の分かれ目です。 …

2022.08.22

就業規則を周知しましょう

 就業規則は作成しているけれど,会社の金庫にしまったまま。社長に言わないとみせてもらえない。などということはあり…

2020.02.25

金銭解雇の実現??

現在、「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」において、解雇の金銭解決についての議論が進めら…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.