メルマガ Mail magazine

相続を考えるうえで大切なこと

相続を考える上で大切なこととは何でしょうか。
ほとんどの方は、まず税金のことを気にされます。
しかし、
「節税」<「争族」
なのです。

相続税法の改正で、相続税のセミナーは大人気です。

しかし、皆さん忘れていませんか。節税をせっかくしても、遺産を受け取る相続人の間で争いとなる「争族」問題を。

特に、会社や不動産など頭割りにすることが難しい財産のある方(会社経営者のほぼ全員)、離婚・再婚や子どもがいないことなどで相続人どうしがお互い仲良くなるのが難しい方は、「争族」対策が必ず必要になります。

遺言や生前贈与、信託などを組み合わせて、みんなが幸せになれる「相続」を実現することは、財産を残す人のこの世での最後の大切な役割だと思ってください。

残された人が笑顔になりますように。

関連記事

2021.05.17

どうする?自社株式の相続

預金と違って、頭割にできないのが不動産と自社株です。不動産は売却できますが、非上場会社の株式は売却も困難です。経…

2019.12.09

遺言作成時、配偶者居住権の存続期間をどう書くべきか。

相続法が改正され、2020年4月1日以後作成する遺言から配偶者居住権を定めることができるようになります。 ただし…

2018.04.02

民事信託は魔法の杖なのか?

信託が、高齢化社会における認知症対策の手法として普及しつつあります。親が認知症になった場合に、成年後見は使いにく…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.