メルマガ Mail magazine

債務者の預貯金情報を金融機関から取得できます!

例えば、売掛金を払ってくれないとき、裁判をして勝訴判決を得たとしても、実際に回収するには更に「強制執行」の申立てをしなければなりません。そして、強制執行においては、債務者の財産を特定して申立てをする必要があります。
しかし、売掛先がどこの銀行のどの支店に口座を持っているか、よく分からないケースが往々にしてあります。

従前から、このようなケースにおいては、弁護士会を通じた「全店照会」を行うのが一般的でした。しかし、全店照会に応じてくれるのは、メガバンクや大手地銀などが中心であり、得られる情報が限られていました。

昨年4月1日に施行された改正民事執行法では、第三者からの情報取得手続として、金融機関からの情報取得手続が新たに定められました。

この手続を申し立てることができるのは、次の2つのいずれかの場合です。

  1. 強制執行または担保権の実行における配当等の手続において、完全な弁済を得ることができなかったとき
  2. 知れている財産に対する強制執行を実施しても、完全な弁済を得られないことの疎明があったとき

また預貯金情報を得られる金融機関は、銀行、信用金庫、信用金庫連合会、労働金庫、労働金庫連合会、信用協同組合、信用協同組合連合会、農業協同組合、農業協同組合連合会、漁業協同組合、漁業協同組合連合会、水産加工業協同組合、水産加工業協同組合連合会、農林中央金庫、商工組合中央金庫、郵便貯金簡易生命保健管理・郵便局ネットワーク支援機構と多岐にわたっています。

夢のような(?)新制度ですが、留意点としては、この情報提供後に、裁判所から債務者に対して、情報提供命令発令が通知されることです。債務者としては、この通知を受けると預貯金の引出しに走るでしょうし、差押えとは異なり、口座がロックされるわけではありませんから、情報を得た後モタモタしていると、結局「空振り」に終わるということがありえます。したがって、この制度を利用するためには、多少の費用がかかっても、一気にたくさんの金融機関を対象にして申立て、情報提供を受けたら速やかに強制執行に移ることが必要です。

関連記事

2018.07.09

債権回収~逃げ得は許さない!~

前号では債務名義の取得方法について説明しました。 勝訴等して債務名義を取得すれば、自動的にお金を回収できるのでし…

2017.04.20

売掛金は月商の何ヶ月分ですか?

決算書を確認してみましょう。売掛金は月商の何ヶ月分になっていますか?未回収の売掛金が溜まっていませんか? 「貸倒…

2019.04.22

売掛金を損金処理する

貸借対照表の流動資産の売掛金が不良債権化し得ることがあります 損金処理には、通達に従った処理が必要です 場合によ…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.