メルマガ Mail magazine

バイトテロと労務管理

飲食店やコンビニなどのアルバイト店員が、不適切な動画をSNS上に投稿して炎上する「バイトテロ」が相次いで報道されました。

「バイトテロ」を起こさないためにはどうしたらよいのでしょうか。

数年前にも「バイトテロ」が相次いだことがありました。

現代では、誰もが簡単にSNSに投稿することができ、また、「限られた人しか見ていない」と錯覚しやすいため、面白半分でこのような投稿をしてしまうのでしょう。

本人は「バレたらクビかも」くらいの認識はあるかもしれませんが、今、飲食店員は完全な売り手市場です。

次のバイトはすぐ見つけられる、と思っていても不思議はありません。

しかし、バレたらクビ、どころではありません。ネットの世界では、あっという間に世界中に広がり、みんながよってたかって身元を特定し、氏名や住所、学校などの個人情報が晒されます。

また使用者側からは、損害賠償請求や、刑事告訴がなされるケースも出ています(そのことについては様々な意見がありますが、ここでは触れません)。

「バイトテロ」を防ぐには、こうした投稿者本人に降りかかるであろうあれこれを、研修などを通じて、きちんと理解させることが一番です。

「会社に迷惑がかかるからやってはだめです」とか「社会人の常識」などと言うだけでは、「面白いことをやって目立ちたい」という気持ちに蓋をすることはできませんよね。

関連記事

2019.07.22

内部通報窓口を設置しましょう。

「ハラスメントの相談を受けた上司が、『内々で解決するように』と当事者双方に指示をしただけで、その後の対応を放置し…

2020.11.24

同一労働・同一賃金

10月半ば、無期契約労働者と有期契約労働者との待遇差について、最高裁が立て続けに重要な判断を下しました。 最高裁…

2021.01.25

有期労働契約者の無期転換対策!?

ご存知の方も多いと思いますが、有期労働契約の契約期間が通算して5年を超えることとなる労働者が、使用者に対し、現在…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.