メルマガ Mail magazine

ボーナス支給は義務?

日経の調査によると、今年の冬のボーナスは約80.8万円。
5年連続のプラスだそうです。
ところで会社には、ボーナスを支給する義務はあるのでしょうか。

従業員に対してボーナスを支給しなければならない、という法律はありません。

したがって、法律上は、ボーナスを支給してもしなくてもいいですし、最低賃金のような決まりはありませんので、「寸志」程度でも構わないのです。

しかし、どんな場合でも支給義務がないのかというと、そうではありません。

例えば、就業規則(賞与規程)に、支給の基準・計算方法が具体的に定められているような場合は、それが労働契約の一内容となりますから、ボーナスを支給する義務が発生します。

また、年俸制で、あらかじめ決められた額を「賞与」の名目で支払うことになっている場合も、その金額を支給する義務があることになります。

なお、多くの会社では、
「ボーナスの支給日に在籍していない者には、ボーナスを支給しない」
と規程に定められていると思います。

給与なら、支給日の前に退職した場合でも、当然、給与を支払わなければなりません。

では、ボーナスは支払わなくてよいのでしょうか。

裁判所は、基本的に、このような規程も有効であると考えているようです。

ボーナスは労働に対する報酬という意味だけではなく、将来の労働への意欲向上など、いろいろな性格を持ち合わせているものだからでしょう。

関連記事

2017.12.04

撲滅!未払残業代!

毎年、たくさんのお客様から、「従業員から未払残業代の請求を受けた!」との相談を受けます。今回は、未払残業代請求を…

2021.03.13

キャバクラ店従業員に対する私的交際絶対禁止の同意書は有効!?

キャバクラ店を経営する会社が従業員の女性より私的交際の絶対禁止と違反した場合の違約金200万円の支払いを約する同…

2021.05.31

ハラスメントと会社の安全配慮義務

社内に独身男女がいる場合、恋愛かハラスメントか判断し難いことがあります。一方が嫌がれば、それ以上つきまとうのはハ…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.