メルマガ Mail magazine

ボーナス支給は義務?

日経の調査によると、今年の冬のボーナスは約80.8万円。
5年連続のプラスだそうです。
ところで会社には、ボーナスを支給する義務はあるのでしょうか。

従業員に対してボーナスを支給しなければならない、という法律はありません。

したがって、法律上は、ボーナスを支給してもしなくてもいいですし、最低賃金のような決まりはありませんので、「寸志」程度でも構わないのです。

しかし、どんな場合でも支給義務がないのかというと、そうではありません。

例えば、就業規則(賞与規程)に、支給の基準・計算方法が具体的に定められているような場合は、それが労働契約の一内容となりますから、ボーナスを支給する義務が発生します。

また、年俸制で、あらかじめ決められた額を「賞与」の名目で支払うことになっている場合も、その金額を支給する義務があることになります。

なお、多くの会社では、
「ボーナスの支給日に在籍していない者には、ボーナスを支給しない」
と規程に定められていると思います。

給与なら、支給日の前に退職した場合でも、当然、給与を支払わなければなりません。

では、ボーナスは支払わなくてよいのでしょうか。

裁判所は、基本的に、このような規程も有効であると考えているようです。

ボーナスは労働に対する報酬という意味だけではなく、将来の労働への意欲向上など、いろいろな性格を持ち合わせているものだからでしょう。

関連記事

2019.05.13

労働審判申立書が届いたら?

最近、労働審判が申立てられることが増えてきました。 労働審判は、申立書が届いてから1か月が勝負の分かれ目です。 …

2020.03.23

債権法改正で変わる身元保証契約のチェックポイント

従業員を雇用する際に、身元保証人を立てることを求めておられる企業は、少なくないと思われます。 この身元保証契約も…

2020.12.14

高齢者は、安く使える???

定年後の再雇用が増えています。労働者の不足を補う手法として、定年退職者を再雇用することは有効です。基本給を下げて…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.