メルマガ Mail magazine

法定相続情報証明制度がはじまりました

戸籍の束を用意して・・・
順番に手続をして・・・
いつになったら終わるんだろう・・・
そんな相続手続の負担が軽減されるかもしれません。

5月29日から、法定相続情報証明制度がはじまりました。

これは、相続人またはその代理人が、

  • 戸籍等一式
  • 法定相続情報一覧図

を法務局に提出して申し出ると、法務局が認証文をつけた法定相続情報一覧図の写しを交付してくれるというものです。
手数料は無料で、必要な数だけ一覧図の写しを受け取ることができます。

国のねらいとしては、相続登記の手続を簡単にして、所有者不明の不動産や空き家問題の解消をめざすというところにあるようです。

不動産だけでなく、複数の預金口座をお持ちの場合などには、同時並行で手続を進めることができますので、便利ですね。

ただし、戸籍の取り寄せが全く不要になるわけではありませんし、金融機関や証券会社などでは、他にもいろいろな書類をそろえる必要がありますので、相続手続の面倒をすべて解消してくれるような制度ではないことにご留意ください。

関連記事

2021.03.22

春です、遺言を書きましょう!

コロナウイルスは、家族の大切さを改めて考えさせてくれました命が有限である以上、自分の財産を誰に繋ぐか考えておく必…

2018.04.02

民事信託は魔法の杖なのか?

信託が、高齢化社会における認知症対策の手法として普及しつつあります。親が認知症になった場合に、成年後見は使いにく…

2019.12.09

遺言作成時、配偶者居住権の存続期間をどう書くべきか。

相続法が改正され、2020年4月1日以後作成する遺言から配偶者居住権を定めることができるようになります。 ただし…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.