メルマガ Mail magazine

ITシステム構築の注意点

近年、ITシステム構築に関する契約トラブルが増えています。
思っていたものと違う!
そんな契約トラブルを避けるためには…

オーダーメイドの服を作ったことはありますか?

デザインやサイズについて、服屋さんに希望を伝え、何度もやり取りをしてもなかなかイメージ通りのものが作れなかった経験はないでしょうか。

最近では、どの会社でも顧客管理や社内イントラなどのシステムを構築するようになっています。

これによる業務の効率化のメリットは相当の利益を会社に生み出します。

他方で、システムを構築してもらう側と構築する側の間でのトラブルも増加の一途をたどっています。

スルガ銀行VSIBMの訴訟は、われわれ弁護士から見ても大変興味深いもので、金額的にも数百億円単位のものでした。

このようなトラブルの発生は、主にコミュニケーションがうまく行っていないことによるのですが、オーダーメイドの服を作るのと、理屈としては変わらないものです。

注文者側は、自分の希望をできるだけ具体的に伝え、特に譲れない点については何度も繰り返し伝えること。

受注者は、注文者の業界のことを十分に理解し、注文者の意図を読み取って業務を行うこと。

そして、両社の間では、必ず議事録を作ってお互いの考えていることが食い違ってないか確認すること。

お互いの考えていることがきちんとかみ合っていれば、このようなトラブルの多くは防げるものです。

皆さんのお客様でも、システムに投資を行おうとする場合には、注意を促してくださいね。

多額の投資が無駄とトラブルまみれという残念なことにならないように。

関連記事

2019.12.23

裁判手続のIT化

裁判手続等のIT化については、平成30年3月に「裁判手続等のIT化に向けたとりまとめ―「3つのe」の実現に向けて…

2020.09.28

続・裁判手続のIT化

昨年12月のメルマガで、いよいよ裁判手続のIT化が始まります、とお伝えしました。実際今年の2月から、ウェブ会議を…

2020.02.10

幽霊が出る物件の価値は?

家を借りたら、幽霊が出ると言われる物件でした。水道が出ないのとは違って、目に見える被害はありません。心理的瑕疵と…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.