メルマガ Mail magazine

生前の相続放棄!?

相続が「争族」となるのを防ぐには、生前からの準備が大切です。
では、例えば、「相続に関する一切の権利を放棄します」
こんな一筆を書かせておけば安心!
・・・はたしてそうでしょうか。

「相続放棄」というのは、その名のとおり相続人が自らの意思で相続しないことをいいます。

たとえば2人の相続人がいる場合に、どちらか一方が相続放棄をすれば、相続について紛争になる「争族」の余地はなくなります。
生前にこれが確定できれば、究極の「争族」対策といえそうですね。

実際、「父が生前、弟にこんな書面を書かせていました」と言って
「私(山田二郎)は、父(山田太郎)の相続について、一切の権利を放棄します」
という書面を持ってご相談にみえる方がいらっしゃいます。

しかし、相続開始前、つまり生前の相続放棄は認められていません。

したがって、このような書面があったとしても、たとえそれに実印が押してあったとしても、
「相続の権利ゼロ」
ということにはできないのです。

相続の事前準備は、遺言や民事信託、生前贈与などの方法で、専門家に相談しながら行うことをおすすめしています。

関連記事

2021.09.13

相続で揉めるパターン2 不動産編

不動産は、伝統的に価値のある資産ですうまく利用したり処分すれば、評価以上の価値が出ることもあります相続人の意見が…

2017.04.20

相続を考えるうえで大切なこと

相続を考える上で大切なこととは何でしょうか。ほとんどの方は、まず税金のことを気にされます。しかし、「節税」<「争…

2021.06.14

相続でよく揉めるパターン1預金編

預金は、基本的に相続分で分割されるもので争いの余地はないはずですしかし、残高だけでなく入出金を巡り紛争になります…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.