メルマガ Mail magazine

生前の相続放棄!?

相続が「争族」となるのを防ぐには、生前からの準備が大切です。
では、例えば、「相続に関する一切の権利を放棄します」
こんな一筆を書かせておけば安心!
・・・はたしてそうでしょうか。

「相続放棄」というのは、その名のとおり相続人が自らの意思で相続しないことをいいます。

たとえば2人の相続人がいる場合に、どちらか一方が相続放棄をすれば、相続について紛争になる「争族」の余地はなくなります。
生前にこれが確定できれば、究極の「争族」対策といえそうですね。

実際、「父が生前、弟にこんな書面を書かせていました」と言って
「私(山田二郎)は、父(山田太郎)の相続について、一切の権利を放棄します」
という書面を持ってご相談にみえる方がいらっしゃいます。

しかし、相続開始前、つまり生前の相続放棄は認められていません。

したがって、このような書面があったとしても、たとえそれに実印が押してあったとしても、
「相続の権利ゼロ」
ということにはできないのです。

相続の事前準備は、遺言や民事信託、生前贈与などの方法で、専門家に相談しながら行うことをおすすめしています。

関連記事

2021.10.25

相続で揉めるパターン3 お墓はどうする

お墓や仏壇は、遺産にはなりません。法定相続で分割することになじまないからです。祭祀承継人の定めによることになりま…

2017.06.19

法定相続情報証明制度がはじまりました

戸籍の束を用意して・・・順番に手続をして・・・いつになったら終わるんだろう・・・そんな相続手続の負担が軽減される…

2018.08.27

相続法が改正されました-2

前号では、自筆証書遺言の要件についてお伝えしました。 今回の相続法改正では、この遺言書作成についても改正が行われ…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.