メルマガ Mail magazine

顧問弁護士を活用しましょう

 裁判沙汰になるようなことはしてないから。うちみたいな小さな会社は関係ない。相談することもないからもったいない。弁護士と顧問契約をされていない事業者の方からよく言われることです。
他方で,「いざというときの備え」で顧問契約はしたものの,どんなことを相談してよいか分からず,ただ顧問料を払い続けているだけ・・・という方もいらっしゃるようです。どちらも大変もったいない話です。

 弊所の顧問先の皆様には,どんな小さなことも相談してください,と常々お願いしています。そうはいってもやはり,忙しそうだしなあ,こんなことを相談してもいいのかなあと思われているかもしれません(反省)。  

 さて,日弁連が,『顧問弁護士利用のためのコンプライアンスチェックシート』というものを作成しました。

https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/activity/improvement/reform/komon_bengoshi_check_sheet.pdf

  顧問弁護士がいない方,いるけれどもどう活用したらよいかわからない方は,ぜひ一度ご確認ください。
  チェックシートは,ST AGE1からSTAGE3まであります。たとえば,

  □ 他にも株主はいるが,ほとんど株主総会を開いたことがない

  □ 顧客名簿や重要なノウハウをほとんどの社員が見られるようになっている

  □ 指示に従わない従業員や能力不足の従業員はクビにしていいと思う

  □ 支払いがなくても,請求書を送っていれば消滅時効にかからないと思う

  □ 監査役は身内がなっているだけで会計監査をしていない

  □ 取引先が用意した契約書について,取引先に修正を求めたことがない

 など,「あるある」な項目が並んでいます。

 チェックシートでは,「チェックが5つ以上ついたら」弁護士に相談しましょう,とありますが,とんでもない!
1つでもついたら,顧問弁護士にご相談ください!  
 もちろん,チェックシートに書かれていないことでも,ご遠慮なくご相談ください。

以上

関連記事

2018.11.12

18歳から成年に!

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が平成30年6月13日に成立し、同月20日に公布されました。 施…

2017.09.04

時代の変化と新しいビジネス~インスタグラムも始めてみた

親和法律事務所のFacebookをご覧になったことはありますか?情報の伝え方が大事になってきた昨今。弊所でもいろ…

2020.12.14

民法改正により瑕疵担保責任が変わりました

本年4月1日に改正民法が施行されました。今回は瑕疵担保責任についてお話します。 売買契約において、その目的物に欠…

PAGE TOP

COPYRIGHT © SHINWA LAW OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.